中川幹太(上越市長)の学歴まとめ! 高校大学は高学歴で公立校だった

中川幹太(上越市長)の学歴まとめ! 高校大学も高学歴で公立校だった
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

2021年から新潟県上越市の市長を務めている中川幹太市長。

中川市長は2024年6月18日市議会で「頭のいい人だけが来るわけではない」などと発言し炎上しました。

そんな学歴差別発言で炎上した中川幹太市長自身の学歴を今回はまとめてみました

結論は、高校大学ともに偏差値が高い公立校出身であることが分かりました。

詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

中川幹太市長の学歴差別発言の概要

炎上した中川市長の学歴差別発言の概要をみてみましょう。

市議会で学歴差別発言

中川市長は2024年6月18日市議会で企業誘致による人材獲得について問われた際に、上越市内に工場のあるメーカー「信越化学工業」の社名をあげ、

「工場で働いているのは高校卒業レベルの人で、頭のいい人だけが来るわけではない

と発言し、約100件の意見や問い合わせが市役所に届き、ネットでも炎上しました。

信越化学工業に直接謝罪

中川市長は21日午後に信越化学工業に直接謝罪をしました。

「企業の従業員の皆さんの心を傷つけたということでお詫びを申し上げました」

越市議会は市長に抗議文書を提出、中川市長は自身の自身の処遇について、

「自分自身に対する処分というのは考えていかなければいけない、詳細については後日明らかにしたい」

「職責を全うしていきたい」

と述べました。

スポンサーリンク

中川幹太市長の学歴まとめ紹介

早速中川幹太市長の学歴まとめを見てみましょう。

小学校・中学校

中川市長の小学校・中学校については情報がなく不明です。

中川市長は広島県広島市で生まれ、幼少期は大阪府や兵庫県で育ったため恐らく関西圏の学校出身と思われます

高校

中川市長の出身高校は兵庫県立北摂三田高等学校で、偏差値63の学校です。

  • 兵庫県立北摂三田高等学校(男女共学)
  • 偏差値:63
  • 二学期制(前期・後期)を採用
  • 授業時間は65分(2022年より50分に変更)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次